ごるはむ白書・R
愛ハムのことや、趣味や、何てことない毎日。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
口が曲がってますよ♪
うまうまを食べた後の、寅。
ラスト1
ほら、よ〜く見て。


ラスト2
向かって右の口元が、




ラスト3
クイっと上がって、


ラスト4
そして、ペロンチョ(*^ω^*)



終わっちゃうのよっ!

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」を
劇場へ夫と見に行く予定なんですけどね・・・

     ↓

     ↓

ラスト
いつまでも、上映してると勘違いしてる夫。
今の時代、ロングランになる映画は、ほんの一握りよっ。

ってことで、今日、ようやく見に行きます(`・ω・´)



ようやく、本を買いに行きました♪
ラスト5
図書館戦争って、シリーズ全部で何冊あるのかしらん?
なんか、一気に読んじゃいそうだな〜。


夫、あわてるっ
夫にお散歩の見守りをお願いしてた時にね、
突然、夫のうろたえ声が聞こえてきたのですよ。

移動
何事かと、のぞいてみると・・・

   ↓ ↓ ↓

壁3
また、壁を登ったらしい。
あっという間に、1mほど。


なので、さらに
移動5
貧乏臭っ。
まぁ、仕方ない・・・


移動1
寅や、


移動2
君は、本当に、クライミングが大好きね。


移動3
でもね、君のその身体では、登ったら落下するだけからね(^_^;)
ニャンコのように、見事な着地も、できないのよ。


移動4
怪我するから、危険なことはやめて欲しいのっ。


>>続きを読む
やっちゃった・・・
はい、本日ご紹介する映画は「ヴィジット」
ホラーちっくな、スリラー映画です。

寅の写真だけ、見てくれても良くってよ。

ラスト
母方の祖父母の家で、1週間の休日を過ごすことになった姉弟。

母親と祖父母の間に確執があったので、
この姉弟、初めて祖父母と会うことになるのよ。


ラスト1
最初はね、優しくて温かいおじいちゃん、おばあちゃんだったんだけど、
なんかね、日に日に、二人のクレイジーな面が際立ってくるの。


ラスト2
「シックス・センス」のシャラマン監督の作品。

「シックス・センス」といえば、びっくり仰天のラストね。
つまり、この映画もラストが衝撃的・・・


ラスト3
ってことになってるけど、分かる人には、分かっちゃう(^_^;)

スリラーとかホラー系のストーリーに馴染みのある人には、
「だと思った」って感じかな。

事実、レビューを見ると、「ラストが当たり前すぎる」って意見と
「ラストにびっくりした」って意見が、半々くらいかしらね。


ラスト4
わたし?

あのね・・・やっちまったのよ_| ̄|○


ラスト5

つい、ネタバレの下を見ちゃったのよね(^_^;)

ちらっと見ただけなのに、知ってはいけないオチを
あっという間に理解してしまったわ・・・

普段の読書で、この速読並みの読書スピードが欲しいものだわ。


そうそう、祖母を演じた俳優さんの怪演が
もうね、見事すぎるから。
ヒィ!って感じΣ(゚д゚ )

待ってたっ!レンタル開始を
映画館へ観にいくつもりが、行けなかったので、
レンタル開始を心待ちにしてたのよ。

ということで、「ラ・ラ・ランド」です(`・ω・´)
(寅の写真だけ、サーっと観てくれてもよくってよ。
無駄に長いからね)


ランド
もうね、1曲目からくるねっ。
一気に引き込まれる。

底抜けに楽しい。
夢見る者たちの、元気が出る曲。

「♪打ちひしがれても 立ち上がり 前を向く
 また 新しい日が始まるっ」
みたいなね。


ランド1
このシーンの映像もすごいよ。
ハイウェイで、歌い踊ってるんだけど、奥の方の人たちまで
振りが見事に揃ってるからね。

CGじゃ、ないよね?
なんテイクで、成功したのかしらん。


ランド2
この映画はね、夢を追い求める者たちのお話なの。
で、ラブストーリー❤︎

でも、主人公たちが、いい感じになった頃に、
わたし的には、ちょい中だるみしちゃった・・・(^_^;)


ランド3
この映画の映像、全編通して、オシャレなのよ。
所々で、印象的なカラーを配置してるし。
女子のドレスとかヴィヴィッド・カラーで、画面のアクセントになってるわ。


ランド4
で、ミュージカル映画だから、歌と踊りが、見所ねっ。

わたし的に、グッときた歌があるんだけどね、
エマ・ストーン演じるミアが、オーデションで、大好きな叔母のことを歌ってるの。

映画の1曲目と、対をなす感じ。
1曲目は、夢見て頑張り続ける人たち。
それに対し、この曲は、夢破れた人たちを歌ってるわ。

ランド5
「♪どうか乾杯を 夢追い人に
 たとえ愚かに見えても

 どうか乾杯を 心の痛みに
 どうか乾杯を 厄介な私たちに」って、歌うの。

酒も飲んでないのに、わたし、目がウルウルしちゃったのよ。

それに続く歌詞が、さらにいいっ。

「♪少しの狂気が 新しい色を見せる
 明日はどうなるか分からない
 だから、夢見る者が必要

 反逆者たちよ さざ波立てる小石よ

 どうか乾杯を 夢見る愚か者に
 イカれてると見えても
 
 どうか乾杯を 破れた心に」

急いで、メモったので、ちょい間違ってるかも。
でも、なんとなく、言いたいことはわかるざましょ?)



ラストが、心がチクっとしちゃう切ない感じだけど、
でも、チクっとしつつも、なにやらあたたかいモノが残るわ。

「セッション」に引き続き、素晴らしい映画でございました。
この監督さんも、注目していきたいと思います(`・∀・´)


見守る夫
お掃除やらで、場を離れる時は、
夫に、お散歩の見守りをお願いしていますが・・・

     ↓

     ↓

カバー



カバー1
特に危険と感じない限り、夫は
ホントにただ、見守ってるだけです。
プラグは抜いてあります。



ということで、

   ↓ ↓ ↓

カバー2
コードにカバーつけました。

でも、和室では、もうあんまりお散歩してないけどね。




レーダーかしら?
カバー3
今まで、あんまり意識したことないんだけど、


カバー4
ハムの耳って、意外と動いてるのね。


カバー5
ほら、右と左で、向いてる角度が違うざましょ?
寅って、両耳の角度が思いっきり違う写真、結構、あるのよね。


カバー6
寝る時は、ペタンと折りたたむし、
ハムの耳って、器用よね♪

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.