07
2019

山道を行くバスの揺れが半端なかった 旅行記9

CATEGORY寅松
箱根登山鉄道で強羅まで行き、その後、バスに乗って向かった先は、
『ポーラ美術館』でございます。
おお1
19世紀フランスの印象派を中心にした西洋絵画や日本の洋画など、
かなり心がワクワクしちゃう作品が展示されておりますよ。

モネ、ルノワール、ピカソ、マティス、マネ、セザンヌとかね。

なのに、夫ったら、入ってすぐに──

     ↓

     ↓

おお
作品目の前にしてあくびするって、どうなのよ💢

『シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート』っていう展覧会が開催中でさ、
現代アーティストたちと巨匠たちとのコラボって感じで面白いんだけど、
が、やっぱり立ち止まってじっくり見ちゃうのは、巨匠たちの作品になってしまうというね・・・(^_^;)

だって、ピカソ、マティス、モネを目当てで来てるんだもん、
まぁ、そうなるよね。


おお2
作品によっては、撮影可のものもあるんだけど、
会場内では、ほぼ写真は撮っていない、わたし。

やっぱりね、作品をじかに見るのと、画像や印刷で見るのとでは違うのね。


おお3
会場の外では、緑豊かな自然の中、ところどころ作品が置かれていてね、
散歩しながら見ることができますよ。

この顔半分の彫像、その断面は、横顔になってるというね。


おお4
ほら、横顔でしょ?
横顔だよね・・・


おお5
夜が更けた一本道、光源はチカチカと明滅する街灯のみ──
そんなシチュエーションで、こんな物体が目の前にあったら、
かなり焦るだろうなぁ・・・
なんて、想像しながら見てた、わたし。
スポンサーサイト