30
2019

愛ゆえにアホになる、のです

CATEGORY寅松
細胞
「飼い主ったら、最近、寅に向かってブツブツ呟いてて、ちょっと怖いのね・・」


細胞1
「”赤血球よ、酸素と食料をガン細胞に運んではならぬっ。兵糧攻めだ!”
とも言ってたわね・・・」


細胞2
「あっ、これね『はたらく細胞』ってアニメの影響を受けてるのよ。
人間の細胞を擬人化したものなんだけどね、飼い主と夫、結構好きだったのよね」


細胞3
「・・・とうとう、物語と現実の区別もつかなくなったのね。
困った飼い主ね」
* ちょいと前の写真なので、寅の目が腫れまくってます。


大丈夫、ちゃんと正気を保ってますからっ
細胞4
いや、ちゃんと分かってますよ。
”腫瘍は手術で切除しない限り、自然消滅はしない”って。
どこのサイト見ても書いてあるしね。

ただ、寅の体の免疫細胞達を応援してるだけですっ。

強いんですよっ、NK細胞の女子!!
で、そこに、キラーT細胞と白血球が加われば、アニメのように叩き潰すことができる──
と、さすがにそこまでは思ってないけどね。


細胞5
マクロファージは、細胞内と血管内とでは姿が変わるとか、
血小板ちゃんが、フィブリンという網を作って止血するとか、
アニメ『はたらく細胞』から色々教わったけど──

これら、どこまで医学的に正しいのか、それがちょいと疑問である・・
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment