10
2018

だって、寅のテリトリーだもの♪

CATEGORY寅松
寅は、部屋のあちこちに匂い付けしているので──
まさかの1
「匂いチェック!!なのねっ」


まさかの2
「よし、OK!次行くのよ」


まさかの
夫の老眼鏡も、とりあえずチェック。



さぁ、紫陽花の写真がなくなった
まさかの3
でも、暑すぎて写真を撮りに行く気になれない・・・


まさかの4
雨の日も、カメラは持ち出したくないし・・・


まさかの5

はい、下の方のREAD MOREで
映画の話をしています。
最近、週末は映画観てばっかり。




映画「LOGAN/ローガン」を観ました。
ウルヴァリンのスピンオフ第三弾にして、彼の最後を描く作品です。

かつて、ヒーローもので、こんなに切なく、
こんなに現実を直視した作品があったでしょうか──

あんなに、パワフルで、何者にも負けないウルヴァリンが、弱々しく年老いてます。
プロフェッサーXに至っては、アルツハイマーになってるし。

ウルヴァリンことローガンが、プロフェッサーを老々介護・・・

もうね、いきなり胸が締め付けられそうよ(T . T)

まさかの6

時は、2029年。
一体、何が起こったのか?
他の仲間は、どうしたのか?

ウルヴァリンが過去へ戻って歴史を変えたおかげで、
センチネルによるミュータント全滅は回避したはずなのに、
なぜ、現在、ミュータントがいないのか──

ここ数年、新たなミュータントは誕生していないのです。
ある組織が、そのように仕組んだようです。

で、そこに現れたのが、ウルヴァリンの能力を持つ少女です。
この少女が、今後のミュータント未来を握っています。
この少女を、ウルヴァリンが守るとういうのが、簡単なストーリーでございます。


ウルヴァリンをご存知なら、ぜひ、観ていただきたい。
彼の最後を──
病気と老化で、かつての力強さは見る影もないけど、
少女を守ろうとする、その優しき強さを──

あっ、弱々しくなっているけど、バイオレンスは半端ないよ。
R指定だからね。
たぶん、年老いてるから、力の制御ができないのね。
人間相手に、手加減なし・・・(^_^;)

スポンサーサイト