06
2018

勝手に、友達♪

CATEGORY寅松
同士
「暑い時は、」


同士1
「豆腐、なのね〜っ!」


同士2
「飼い主は、ビールって言ってるのよ」




同士3
これぞ、アジサイ!!って感じよね。


同士4




先週の金曜日、映画「デッドプール2」を観に行きました

公開初日の、一番最初の時間で、観ちゃったよ。
1日で、料金が安かったもんでね。

でね、映画館のショップのデッドプールの商品を見に行ったら、
すでに女子が二人いて、真剣にデッドプールの商品を選んでた♪

同士5
心の中で、「友よ」と呼びかけていた、わたしですよ(*^ω^*)

その子たちは、何点か買ってたな。
わたし?買わないよ。
下敷きとかマグカップとかいらんし・・・そもそも、キャラ商品に興味ないのよね。

わたしが欲しいのは、フィギュアだっ!!
今、海洋堂のフィギュアを買うか、真剣に悩んでおります。

あっ、下の方のREAD MOREで
デッドプールのことを語ってるよ。
よかったらクリックどうぞっ!





はい、まず今回は、映画の内容ではなく、
デッドプールのキャラ・作品についてご説明するのよ♪

デッドプールは、一応、X-MENシリーズに属する作品です。
ええ、X-MENのメンバーが出てきます。有名どころのキャラは出ないけど・・・(^_^;)

そう、デッドプールってミュータントなんですね。
と言っても、後天的な作られたミュータントですけど。

まだ人間だった時、彼は癌に侵されて、末期の状態だったの。
で、彼は一縷の望みをかけて、怪しげな組織が行なってる人体実験に参加したのよ。
ミュータント遺伝子を活性化させて、ミュータントをつくるって組織の実験ね。

で、その結果、ヒーリング・ファクターという能力を身につけた、デッドプールが誕生したのです。
この能力って、ウルヴァリンと同じよね〜。
プール1

ハンパない治癒能力っ(^_^;)
でも、この能力と引き換えに、彼の皮膚は火傷のようにただれ、
まるでフレディのような姿になっちゃったのよね・・・それを隠すために、コスプレしてるのよ。

そうそう、デッドプールって、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」で、一度登場してるって知ってた?

プール

最初は仲間だったんだけど、のちにヴィラン(敵)になったデッドプールよ。
どうよ、訳分かんないでしょ?うんうん、後で詳しく説明するわね。興味無いとか、言わないっ( ̄^ ̄)


あとね、このデッドプールのユニークなところは、第四の壁をひょいと超えてくること。
第四の壁ってね、演劇用語らしいんだけど、フィクションの世界と現実の世界との間にある壁のことらしいよ。

彼は自分がフィクションの存在ってことを自覚してるらしく、
その為、わたし達観客に直接語りかけてくるのよ。思いっきりカメラ目線でね。

でね、ものすっごいおしゃべりで、毒あることをポンポンぶちかますわよ。

どーよ、こんなお茶目なデッドプール、興味もったかしらん(*^ω^*)
ええ、まだ続くわよ。

* コミックと映画では、設定が微妙に違うようです。わたしのは、映画の話ということで。


スポンサーサイト