03
2018

味わって食べなさいなっ!

CATEGORY寅松
フォト
寅は、ちょいと早食いなのですよ。


フォト1
なので、撮影するために下がって
ファインダーをのぞいた時には、


フォト2
食べ終わってる時が多いのです。
で、似たような写真を増産するわけですね・・・(^_^;)



ムリだわ・・・

ヴィヴィアン・マイアーってご存知?
死後、彼女の作品が世に認められ、ストリートフォトグラファーとして
有名になった方ですよ。

で、その方の謎めいた人生をクローズアップした、ドキュメンタリー映画を見たのね。
ええ、すぐに影響された、わたしですよ。
でもね、

     ↓

     ↓

フォト3
街中でカメラを構えることが、そもそもできなかった・・・


フォト4
結局、映画を見て影響を受けた写真を真似することは、
できなかったよ・・・


フォト5

下の方のREAD MOREで、
その映画「ヴィヴィアン・マイアーを探して」のこと、語ってます。




映画「ヴィヴィアン・マイアーを探して」を観たのです。

オークションで彼女の写真とネガを落札した方がいてね、
その写真をネット上に載せたら、すっごい反響があったのよ。

生前は、全く自らの作品を発表しなかった彼女の生涯を、
彼女と関わった人たちのインタビューを通して、
浮き彫りにしようというドキュメンタリー映画でございます。

フォト6

彼女はベビーシッターとして働きながら、空きの時間を見つけて写真を撮り続けてたのね。
映画では、その雇い主である両親と、面倒を見た子供たちのインタビューを通して、
彼女の姿を明らかにしようとしてるんんだけど、もうね、知れば知るほど、彼女が分からなくなる感じ・・・

もうね、インタビューから浮かび上が彼女の姿は、変人っ!

だってね、面倒を見ていた子供が交通事故にあって道端に倒れてるのに、
介抱する気もなく、その様子を冷静に撮影しちゃってるからね(^_^;)

そしてね、街中で人々を撮る時に、相手の承諾なしにとってたみたいね。
「彼女の撮り方は、無礼だった」って証言もあったわ。
いきなり撮って、かなり相手から怒りを買ってたみたい。
でもね、そんな写真も、魅力的なんだな。まぁ、無礼だけどね・・・


フォト7

彼女が使ってたカメラは、Rolleiflexという二眼カメラなんですって。
このカメラは、胸元で構えて、ファインダーを上から覗いてみるようよ。

彼女の写真、被写体の姿をちょいと下から仰ぎ見るような構図になってるのは、そういう理由。
それが、いい感じなんだよね〜♪
顔の前でカメラを構えないから、被写体も緊張しないで自然な表情になるらしいよ。
わたしも今度、胸元で構えて撮ろうかなぁ〜。

スポンサーサイト