27
2018

危機一髪っ!

CATEGORY寅松
散々悩んで、でも、やっぱり登った寅ですよ。
ガエル
「ほぉ〜。やっぱりクライミングは爽快なのね♪」


ガエル1
が、登った途端に夫に降ろされる、寅( ̄∀ ̄)


ガエル2
そして、撫でられる。


ガエル3
「もうちょっと、爽快感を味わいたいのよ」
以前、かめさんがてっぺんから落ちたことがあって、
それ以来、ちょっとでもハムがクライミングすると、すぐ下山させる夫です。



頭上注意なのよっ!!!
ガエル4
雪が降ってしばらくは、
注意深く下を見ながら歩かないとダメと学んだ、わたくし。
が、脅威は下だけではなかったっ!

ガエル5
雪のない道を選んで、それでも慎重に歩いてた昨日の夕暮れ。
不意に、後ろでドドドドっ!と激しい音が・・・

まぁ、何かしらん──と後ろを振り返ると、
屋根に積もった雪が、一気に雪崩れ落ちてる真っ最中でしたΣ(゚д゚ )

しかも、やわらかい雪じゃなくて、
板状に固まった雪。

わたしったら、危機一髪!

また、一つ学びました。
雪が降ってしばらくは、足元だけじゃなく
頭上にも注意とね。
スポンサーサイト