22
2018

微動だにせずっ!

CATEGORY寅松
あの椅子の上には、スライス・アーモンドが置いてあります。
漱石
気づかない。なので、


漱石1
近づけてみました。
でも、気づかない。


漱石2
さらに、近づけてみる。
たぶん、気づいてると思うんだけど、微動だにせず。


漱石先生♪
漱石山房記念館に行ってきました。
漱石3
夏目漱石が晩年の9年間を過ごした地が、ここでございます。
漱石山房には、週一回木曜日に「木曜会」というサロンが開催されていたようです。
漱石先生を慕う若き文学者の集いの会(●´ω`●)

門下生の、芥川龍之介、内田百間・・・
あぁ、二人しか分からない_| ̄|○


漱石4
猫塚。
「吾輩は猫である」のモデルになった猫さんのお墓を、移設したみたいですね。


漱石5
直筆の原稿とか展示してあるのよ。まぁ、コピーだけど

でさ、「道草」って、漱石の自叙伝的作品って言われてるじゃない。
その中で、主人公がハエとか蚊の頭のような字を書く、みたいな文章があったと思うの。
だから、「まぁ、どんなに小さい字を書くのかしらん」ってワクワクしながら見たんだけど、
普通の字の大きだだった。

留学中の英国から、奥さんに宛てた手紙の字は
ちっちゃかったけどね。
スポンサーサイト