27
2017

恐怖でドキドキ

CATEGORY寅松
嫌なことがあって、気分がむしゃくしゃすると、
ホラー映画が観たくなります。

恐怖でドキドキしてる間は、他のことを考えなくてすむからね。

ということで、映画”リーピング”を観てみました。

ウププ
元宣教師だったキャサリンは、かつて、自分の家族に起きた痛ましい出来事から
信仰を捨ててしまっていますよ。

で、今では、宗教的な奇跡を、科学的に解明する専門家になっております。


ウププ1
そんな彼女の元に、依頼がくるのです。

ある町で、聖書の「出エジプト記」に出ている「十の災い」が起きようとしている、ってね。
で、その原因として、一人の少女が疑われてるの。


ウププ2
そうそう、彼女が信仰を捨てる前の、先輩神父から、警告があったのよ。
「君に、危険が迫ってる」って。

彼女の写真だけ、燃えちゃってたのね。
で、その燃えた形が、”逆さの鎌の印”になるのよ。



ここからネタバレです
ウププ4
はい、聖書に書かれてる通りの災いが、次々と起きていきますよ。

初めは、頑なに信じようとしなかった彼女だけど、
「あれ、これマジかも!?」って思うようになるのよ。

で、先輩神父にアドバイスを求めたのね。そしたら、

「逆さの鎌の印は、サタン崇拝のシンボルだ。初子はその印を受けて生かされ、
それ以外は悪魔のいけにえになる。
が、思春期を無事に過ごすことができた第2子は、初子を屠りサタンの化身となる」

だから、「その娘ローレンを殺せ。それが君の役目だ」って言うのよ。

ウププ3
・・・うん、この神父さん、間違ってるんだけどね(^_^;)

思いっきりネタバレだけど、サタン崇拝をしていたのは、町の住人だったのよ。
全員が、サタンの僕だったわけね。

ローレンは、神が遣わした天使だったの。
悪魔崇拝している町を滅ぼすために使わされた、天使だったわけね。

で、10番目の災いが起こって、町の住人、全滅・・・

うむ、改心させる気、まるでなしの厳しさ。



ラストの写真に、ちょこっと写ってるのは、
この子、セイウチです。

   ↓ ↓ ↓

ウププ5
何かで読んだんだけど、恐怖の種類は2つあって、
「一つ目小僧と、三つ目小僧」なんですって。

”あるはずのところに、あるべきものがない恐怖”
”あってはならないところに、あってはならないものがある恐怖”

で、セイウチは、後者ね。
どう、ちょっと、ビクッとしたかしらん(*^ω^*)


こんなのも、作ってみたんだけど

     ↓

     ↓

ウププ6
・・・なんか、本気でひかれそうだから、やめたのよ(^_^;)


ウププ7
つぼの位置などを記した経絡人形です・・・たぶん

これだけで、十分、ホラーちっくよね。
隣で見てた男子が、「キモッ」って言ってたわ。


スポンサーサイト