ごるはむ白書・R
愛ハムのことや、趣味や、何てことない毎日。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
意地になって、よかった♪
映画「ローグ・ワン」は、観に行こうとする度に
"やれ歯医者だ"、"やれインフルだ"、"やれ〇〇だっ"
といった、なんともタイミングの悪い事態が続き、なかなか観ることができなかったのです。


もうね、ここまで観に行く機会がぶっ潰れると、

意地でも劇場で観てやるっ!

的な気持ちになるわね( ̄ー ̄)


うん、意地になってよかった♪
やっぱり、映画は劇場で観てこそよっ(`・ω・´)


ファルコン


ちゅけは、おじいちゃん的なノリで、元気ですよ(*^ω^*)
眠ってばっかりで、動きものんびりですけど、
食欲もそこそこあります。



続きを読むは、映画の感想。
興味のある方、いらっしゃるかしらん?



「スター・ウォーズ」といえば、あのオープニングロールですね。

"A long time ago in a galaxy far, far away...
って、やつね。


んで、「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」では、
こういうこと書いてあったじゃない。

「・・・反乱軍のスパイは、デス・スターの設計図を盗み出した」って。


そうっ! まさしくこの部分を「ローグ・ワン」は、映画にしたわけね。
簡単に書かれたこの文章、でも、そこには
ジン率いるローグ・ワンのメンバーが、命をかけて、自分たちの存在をかけて
デス・スターの設計図を盗み出したストーリーがあるわけよ。


その設計図を、その希望のバトンを、
名もない反乱軍のメンバーが、命を落としながらも繋いでいき、
そして、レイア姫の手にわたる──

もうね、この最後のシーン、
観ていて、胸がカーッと熱くなっちゃったのよ、わたし。


この後、エピソード4で、レイア姫はR2-D2に設計図を託し、
そして、そのR2-D2からルークへ。

ルークはオビ=ワン、そして、ハン・ソロと出会い、
レイア姫を救出。

反乱軍の戦いに加わったルークは、
「ローグ・ワン」でジンの父親が、秘密裏にデス・スターに加えたウィークポイントに
ミサイルを撃ち込んで、デス・スターを爆破するのね。

どうよっ。この見事な流れ(●´ω`●)
素晴らしいっ!!!


新たな感動を持って、エピソード4が見られそうじゃないかしらん。
その内、観直しちゃおうかと思ってるの、わたし。

スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.