ごるはむ白書・R
愛ハムのことや、趣味や、何てことない毎日。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
旅行日記・その1 大塚国際美術館①
大塚国際美術館へ行ってまいりました。

全てフェイクでありながらも、完成度の高い世界中の名画が
一気にドーンっと見られることで、人気のある、ユニークな美術館であります♪

の為
レオナルド・ダ・ヴィンチ「受胎告知」ですよ。
世界史の教科書に載ってたよね。

友達にカメラを託したら、見事にブレブレでございました(^_^;)


の為1
友達を信じてなかったわけではないけど、
iPhoneでも撮影してた、わたくし。


の為2
はい、言うまでもないですよね〜(*^ω^*)

今度はピントは合ってるけど、わたしが
3分の1しか写ってないという・・・


の為3
「ヴィーナスの誕生」よ。

ガイドさんによる展示解説が、あるようです。
なので、そのグループとかち合うと、最悪でございますよ。

全く見えないので、時間をずらして移動するのですっ(`・ω・´)



の為4
はい、「春(プリマヴェーラ)」です。
「ヴィーナスの誕生」も、こちらも、ボッティチェリよ。

世界史の教科書のルネサンスのページに、載ってましたよね♪

そう、このフロアーは、ルネサンス期の作品がずらっと展示されているのです。

今回、友達には、iPhoneを託してみました。

Good job!

でも、念のため、カメラでも撮影する、わたくし( ̄∀ ̄)

スポンサーサイト
1泊だけどねっ
わたくし、日曜から、友達と旅行に出かけますよ。

でね、カメラのレンズをどうしようかと悩んだのよ。

わたし、旅行に荷物をいっぱい持っていくの、嫌なのね。
だから、レンズは1本にしようと思ったんだけど、
広い画角をカバーするレンズ、持ってないから・・・

そしたら、夫がね、

     ↓

     ↓

家
なんとっ!?夫がレンズを貸してくれるそうですっΣ(゚д゚ )

びっくり仰天で、ございます。
今まで、一度も使わせてもらったことのないレンズ、なのですよ。

・・・うん、使い勝手が分からんわね(^_^;)


家1
旅行は、もちろん1泊です。
徳島まで行きますが、1泊です。お金ないからね( ̄∀ ̄)

5月の下旬に、今度は夫と東北の方へ出かけますが、
これも、1泊です。

ここは、2泊したかった・・・_| ̄|○


家2
買った時は気づかなかったけど、この本、
表紙がジャンハムだった♪ノーマルかしらね(*^ω^*)

今までのところ、ジャンハムは
ぜんぜん出てこないけどね。

思い込み!?
先週末、映画「エスター」をレンタルして観てみたのですよ。
(以下ネタバレ)






その思いがけないラストに、
「なんとっ!?Σ(゚д゚ )」と
驚愕してしまったわたしですが、
でも、やっぱりさ・・・

     ↓

     ↓

作り
ホルモン異常の病気で、成長せずに
見た目が子供のままって、設定です。

でも、実際は肌も衰えてるし、歯もボロボロなのよ。
それを、化粧や入れ歯で、隠し通してるんだけど、
なんで、周囲の大人は気づかないかな!?みたいなね。

思い込みかしら?
子供って、信じちゃってるから、
もう、子供にしか思えなくなってるのかしらね?

作り1
まぁ、でも、エスター役の子が、めちゃくちゃ存在感のある演技をするので、
ググッと引き込まれましたわ。

初めは、悪魔のような子供が出てくる、映画かと思ってたのよね。
カルキン君主演の「危険な遊び」とか
「オーメン」のダミアンとか・・・あっ、ダミアンは本物の悪魔か(^_^;)


作り2
あと、伊坂幸太郎の小説「マリアビートル」の王子も
悪魔としか思えなかったわねぇ。

・・・最後は、殺されたと考えていいのよね?

いつか、その楽しさが分かるのか・・・
本は基本、つまらなく思っても、
とりあえず、最後まで読むようにしています。

が、稀に、放置状態の本があるんですよね。

例えば、これ

     ↓

     ↓

ムリよ
3分の1くらい読んでから、
かれこれ、1年以上放置状態でございます。

が、この度、再び読み始める気持ちになったのですよ。

なぜなら、伊坂幸太郎の最近読んだ本のあとがきで、
この「同時代ゲーム」をめくるめく傑作と絶賛していたからです。

好きな作家さんが、こんなに誉めるくらいだから、
もっと、気合を入れて読めば、その楽しさが分かるはずだっ!
と思ってね。



・・・が、  

   ↓ ↓ ↓

ムリよ1



ムリよ2
残念ながら、わたしには、その楽しさが理解できない・・・

半分まで読んだので、とりあえず、読破しようと思います。
が、少々苦痛です。



で、その苦痛を和らげるために、
古本屋で、本を購入してきました(●´ω`●)

ムリよ3



ちよさんですよ♪
ムリよ4
アニメ「進撃の巨人」Season2が、4月から地上波で始まってたのね。
3話分、見逃しちゃったわ・・・

諦めて下さいな・・・
ハトが、巣作りを諦めてくれない・・・(´-ω-`)

夫に相談するも、

     ↓

     ↓

フクロウ
なんとかして、「ここでは巣作りはムリっ」!と
ハト達に思わせないといかんっ(`・ω・´)

なんか、人馴れしてるのか、
ぜんぜん、逃げないのよね。

フクロウ1
いろいろ対策を講じてるんだけどね、
まったく、効果がないというね_| ̄|○

昨日作った障害物が、ぜんぜん役に立たなかったら、
もう仕方ない、

フクロウ2
管理人さんに、相談しよう。
無駄にグッズを買いたくない・・・

迷惑なのね
観覧後、「マーベル展」のお土産ショップとは別に、
マーベルのフィギュアショップへ行くことができますよ。

ショップだけど、撮影OKでした。
巣
キャプテン・アメリカがかっこいい(●´ω`●)
並んで写真撮ること、できるわよ♪


これ、これっ、
このデッドプールのフィギュア、すっごくいい♪
巣1
が、お値段、なんと!?
35,000円Σ(゚д゚ )

・・・うん、買えない_| ̄|○




ちょっと、困ったことがあるのよ。

うちのベランダ・その2で、
キジバトが巣を作ろうとしてるわ・・・(´-ω-`)
巣2
ええ、全力で阻止するのよ(`・ω・´)

つか、そこ、
ガス給湯器の上なんですけどっ。
危ないから、ホント、やめて💢

トゲトゲのあるシートを100均で買って来たんだけど、
トゲトゲが小さすぎたのか、ぜんぜん余裕で
その上に乗ってたわ・・・

東京タワーとアイアンマン
はい、「マーベル展」ですよ♪
アイアンマン
撮影OKエリアには、アイアンマンしかなかったわ。


アイアンマン1
実際に映画撮影で使った、衣装とかドーンと展示してあったんだけど、
残念ながら、撮影NG・・・


アイアンマン2
「おおっ、この衣装を実際にロバート・ダウニー・Jr.が着たのね♪」
と、ウットリするわたくしですよ(●´ω`●)

アイアンマン3
ブラック・ウィドウの衣装の、スレンダーなこと。
さすが、スカーレット・ヨハンソン♡

「ゴースト・イン・ザ・シェル」をスカーレット・ヨハンソンを見るためだけに
観に行こうと思ってる、わたし(`・∀・´)


会場外にもあるのよ♪
六本木ヒルズで開催されている「マーベル展」を見てきました。
外
会場の外にも、こんな感じで展示されてたりするの。


外1
このシーンって、「アベンジャーズ2 エイジ・オブ・ウルトロン」
で、ハルクとハルクバスターが戦うシーンよね。


外2
マーベルコミックで映画化されてるヒーローものは
ほぼ見てるけど、「ハルク」は見たことないのよね・・・


外3
この緑の怪物に、どうにも興味が持てない。
「シュレック」なら観たけどね( ̄∀ ̄)

脳内シェイク♪
草間彌生展に行ってまいりました♪
草間
写真を撮っていいエリアが限られていて、
しかも、携帯限定なので、その奥深さは表現できないかもよ。


草間2
もうね、なんつーの、脳内シェイクでございますよ。


草間3
撮影はできないけど、年代ごとの作品が、もっとドーンっと展示されてるの。
初期の作品は、幻覚の恐怖から逃れるためか、
かなり狂気に満ちてるわよ。


草間4
大きな大きなキャンバスに、白1色だけで網目模様に絵の具を塗りつけただけの作品とか、
正直、どう捉えていいか分からないけど、
なぜか凝視しちゃうのよね。


草間5
よくこんなに根気強く描きつけたなって、感じの作品が多いんだけど、
その行為自体が、自分の中の奥の奥の奥を見つめるための行為なんだろうな、とも思ったりね。


水玉♪
見に行きたい、と言いながら、
なかなか、名前を覚えない夫ですよ。

     ↓

     ↓

マーベル
ということで、本日、
六本木の国立新美術館で開催されている「草間彌生 わが永遠の魂」展を
見に行ってきます。



で、時間に余裕があったら、
マーベル1
六本木ヒルズで開催されている
「マーベル展」も見に行こうと思っております♪


マーベル2
まぁ、マーベルコミック自体には興味はないんだけどね、
映画化されてるキャラは大好きなので(●´ω`●)


マーベル3
5mのアイアンマンが展示されるらしい。
・・・うん、デカすぎるよね。
そんなのよりも、映画で使用したパワードスーツを
展示してほしいわ。

マーベル4
今年は、リブートされた「スパイダーマン」が公開されますね。
きっと、トニー・スタークが出ると思うから、
わたし、観に行きますわ。

ちょっとでいいから、アイアンマンに変身してほしいなぁ(*≧∀≦*)

実は、デッドプールも、結構好きなのよね。
なんかYouTubeで「デッドプール2」って短編の映像見たんだけど、
本格的に続編が出るって、考えていいのかしらん?

まだまだ先っ
手持ちの本がなくなってしまったので、
夫が読み終わった本を借りようと思ったのですけどね・・・

     ↓

     ↓

楽しい3



楽しい4
そんな風に言われると、読む気が失せる(´-ω-`)
ブックオフへ行くかな・・・


昨日、近所のペットショップに行ってみたのね。
楽しい
シマリスのベビーちゃんは、いっぱいいたけど、
ハムはあんまりいなかったなぁ。

まぁ、しばらくはまだ、お迎えする気はないんだけどね。

楽しい1
来週と、5月の中旬くらいに、旅行に行く予定なのよ。
ほら、お世話する子がいると、泊まりで旅行に行けないざましょ。
だから、今のうちに出かけておくの(*^ω^*)


楽しい2
さてさて、4代目は、どんな子がうちにやってくるのかしらね?

ゴールデンのノーマルだと思ってるでしょ?
うん、わたしもそんな気がする( ̄∀ ̄)

いや・・・まだまだ、分からない。

ちゅけや、お兄ちゃんになるのよ♪


やっぱり、ペロンチョ
ちゅけといったら、やっぱり
ペロンチョですよね〜♪
ぺこ
もうね、


ぺこ1
ちゅけって、


ぺこ2
ホント、


ぺこ3
ペロンチョ写真が


ぺろ4
多いのよね〜(*^ω^*)


ぺろ5
ちなみに、ちよさんのペロンチョ写真は数枚あるけど、
かめさんは、一枚もないというね(^_^;)
したり顔
先週末も、またレンタルした映画を見て、過ごしておりました。
したり
知ってる?
最後にあっと驚かせる「どんでん返し」の映画を
「マインドファック・ムービー」と言うらしいですよ。


したり1
でね、映画「ピエロがお前を嘲笑う」を観てみたのですよ。
これ、マインドファック・ムービーなのです。


ええ、もちろんラストで、騙されたわけですけどね、

     ↓

     ↓

したり2
この後、もう一度どんでん返しがあったわ(^_^;)

伏線でもなんでもなかった・・・まんまとミスリードされた、わたくし。
つか、あの鏡のシーン、意味ない訳?

でも、ラストは気持ちのいい終わり方でありました♪

そうそう、これ、ドイツ映画なんですけどね、
なぜか、わたし、最後までフランス映画だと思ってたわ。

>>続きを読む
違いますよ
うちのハム達の写真を、こんな感じで
飾っておりますよ♪

違う


でもね、夫ったら、

     ↓

     ↓

違う1
なんてことかしらね(´-ω-`)


ちなみに、こちら
わたしの今年の年賀状ですが、

   ↓ ↓ ↓

違う2
夫ったら、誰が誰だか、分からなかったみたいよ。

まったくもって、なんてことかしらっ!!!

油断したのよ
近所の神社のソメイヨシノ♪
b級






「スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町」
という映画をレンタルして観てみたのですけとね・・・

b級1



b級2
原題は、「They are monsters」だったかしらね。
まんま、ストレートなタイトルね。


映画学科の学生が、課題制作のために訪れた町で、恐怖体験をするって話よ。

町の住民がね、なぜか、背中を見せて微動だにせずに、突っ立ってるのよ。
その人に声をかけたら・・・

その結果が、上の2コマ漫画よ( ̄∀ ̄)

最初の方はね、訪れた町が、何かがおかしいって感じが
じわじわと恐怖心を起こさせ、なかなかいい感じの話の展開だったんだけど、
最後はなんか、ゾンビ映画みたいな、ありきたりな展開になっちゃってたわ。

この映画の前に見た映画が、びっくりするほど退屈だっから、
その反動で、クレイジーな映画が観たくなっちゃったのよね。
ちょいと、お疲れ気味なので・・・
干上がった水路の中に、干からびた木の根っこがありました。

これをずーっと見てたら・・・
ぷっ


なんか、あれに見えてきたっ!

     ↓

     ↓

ぷっ1
マンドラゴラっ!!!

あっ、頭に葉っぱを描いた方が良かったわね。
ダルダル、だる〜い
ど根性
季節の変わり目のせいかしらね、


ど根性1
なんか、身体がめっちゃだるいわ・・・


ど根性2
そして、相変わらず、首はジョリジョリ鳴るし、
肩はガチガチだし、


ど根性3
しかも、なんか体重増えてるし・・・_| ̄|○

ライトアップよっ
では、いよいよ、しだれ桜のライトアップでございますよ。

     ↓

     ↓

     ↓

はい、ドーーーーーーーーンッ!
アップ
上の方、咲いてないから、
なんか、緑色になってるし・・・(^◇^;)

そして、この人、人、人、

アップ1
スマホやら、デジカメやらのディスプレイが
あっちこっちで、光っておりますな。


アップ2
警備の人がね、「止まらないでください、止まらないでください」って、
ずーっと声張り上げてるのよ。


アップ3
まぁ、みんな、ガン無視だったけどね。
自撮り棒の使用も禁止なんだけど、
構わず使ってる女子達もいたし・・・


アップ4
なんか、人混みにうんざりしちゃったから、
遠く離れて撮影したんだけど、
近くよりも、むしろ離れた方がよく撮れた気がするの♪




もん母さんに、描いてもらっちゃった(*´ω`*)
アップ5
二頭身になると若返る、って企画らしいよ。
つか、わたしの絵より、断然うまいつーね。

そうそう、実際のわたしは、どっちかというと、
もん母さんの絵に似てるかしらん( ̄∀ ̄)

まだ、明るくね?
はい、六義園へ着きました。
・・・が、

     ↓

     ↓

しだれ6
だってまだ、


しだれ
こんなに明るいし、


しだれ1
ちなみに、しだれ桜は五分咲きで、
枝によっては、スカスカ・・・


しだれ3
とりあえず、園内を散策して
時間を潰すことにした、わたくし達。


しだれ4
なんだかんだで、暗くなってまいりました。


しだれ5
ということで、つづきます。

あっ、引っ張りまくってますが、
たいした写真ではありません(^_^;)


さむ、寒し・・・
先週の土曜日に、六義園へライトアップされた桜を見に行ったのですよ。

で、その前に、王子の飛鳥山公園にも行ってみたのね。
当日は、「ホントに、春ですか!?」ってくらいに寒かったんだけど、
その寒さにめげることなく、桜祭りが行われてたのよ。

     ↓

     ↓

椿5
迷うことなくビールを買いに行く夫にも驚いたけど、
ブルーシート広げて飲み食いしてる花見客が
結構いたことに、ビックリΣ(゚д゚ )なのよ。

ええ、ソメイヨシノは、ぜんぜん咲いてなかったわ。
二分咲きって感じかしらね。


椿
桜は咲いてないし、


椿1
めちゃくちゃ寒いしで、
正直、「もう帰りましょう・・・」的な気分だったのよ。


椿2
場所によっては、そこそこ咲いてる桜もあったわ。
これは、飛鳥山から下りたとこにある桜の木。


椿3
そして、物陰から、花見客を見る猫ちゃん。



とりあえず、つづきます(^_^;)

ちゅけにはムリよ
かめちよ姉妹と違って、
ちゅけは、あんまりあくび姿を、見せてくれなかったんですよね。

     ↓

     ↓

あくび
なんか、微妙・・・



やっぱりね、ゴルハムのあくびは
こうでなくっちゃね(`・∀・´)

   ↓ ↓ ↓

あくび1
by かめさん


あくび2
by ちよさん


あくび3
うん、確かに最初に見た時は
度肝を抜かれたわ・・・(^_^;)




昨日、映画をレンタルして観たのね。
もうね、びっくりするほど退屈だった・・・

なぜあの映画に評価の星が、4.5もついてたのか疑問(´-ω-`)
もう、他人の評価を真に受けないのよっ。
あっ、星は5で満点ね。

違う・・・
土筆
違う、この寒さ、
春じゃない・・・


土筆1
違う、このフィギュア、
蒲田君じゃない・・・


1週間前、確かにあった「シン・ゴジラ」のガチャポンが
姿を消しておりました_| ̄|○

仕方ないので、隣にあった第2形態の蒲田君だけの
ガチャポンをやってみたけど、
なんかキャラ化しちゃってて、イマイチ。

気持ち悪さの中に、なんともいえない愛らしさがあるのが
蒲田君の魅力、とわたしは思うのよ。

八百屋さん
近所に、小さなちいさな、八百屋さんがあったのね。
ご高齢のおやっさんが、一人で切り盛りしてたのよ。
八百屋


でも、いつの日かその店は畳まれ、住居スペースに改築されてたわ。
八百屋1


だけど、おやっさんは変わらず、野菜を売り続けてるのよ。
家の前に仕入れた野菜を広げて、野菜を売り続けてるの。
八百屋2


その姿を見るたびに、
ジェフリー・アーチャーの小説「チェルシー・テラスへの道」を思い出すのよ。
八百屋3
小説の主人公は、街角の八百屋から、様々な困難を乗り越え、
最終的には、高級商店街チェルシーテラスに、デパートをつくまで上り詰めるのよね。

小説の主人公とこのおやっさんでは、境遇がまるで違うけど
二人の根底にあるものに、共通性を感じちゃうのよね。

小説の主人公、一線を退いた後、自分の原点である
街角の八百屋さんに戻ってたし^ ^





はい、手持ちの本が残り1冊となったので、
また、ブックオフで買ってまいりました(`・∀・´)

八百屋5
そうそう「騎士団長殺し」を読み終えたのよ。
その最後がね、「第2部終わり」ってなってたの。

これってやっぱり、第3部が続くって期待してもいいのかしらん(●´ω`●)
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.